脳梗塞を予防しよう|不調のサインを見逃さない

生活習慣による影響

病院

心筋梗塞は若い人の間でも流行している生活習慣病です。栄養取れない食事は体を壊してしまうことになります。心筋梗塞やその他の病気を予防するには食事が基本となります。病院では食事について学ぶことができます。

詳しく読む

健康的な生活へ改善

病院

私達が正常で動くには脳の働きが欠かせません。脳が正常に働いているからこそ、歩くことができたり、話しをすることができたりします。脳が正常に働かなければ健康に生きることができなくなります。その為、脳梗塞は恐い病気の1つです。
脳梗塞は人によって発生の種類が異なります。1つ目は、心筋梗塞を同じように動脈硬化によって引き起こされるものです。2つ目は、体内でできた血栓が脳に到達することで、血管が詰まり脳梗塞を起こします。脳梗塞の中でも、突然発症するものになるので、死亡率の高い脳梗塞となります。3つ目は、脳に流れている血液の量が不十分なことで起こります。このように、人により脳梗塞が起こる症状は違いますが、日頃から予防をする必要があります。

脳梗塞や心筋梗塞は生活習慣病となっているので、生活習慣が大きく関わってきます。生活が不規則な人ほど生活習慣病を発生する確率が高くなりますし、体に必要な栄養を摂取できていないことで体の免疫力も落ちてしまいますし、脂肪が燃えにくい体質となることでメタボリックシンドロームになる可能性があります。また、ストレスが溜まりやすい人はストレスが原因で体調不良になってしまうこともあるので、ぐっすり眠ることができなくなります。その為、体も疲れやすくなりますし、体調不良になってしまいます。健康的に生活をするには不規則な生活習慣を改善しましょう。生活習慣を改善するだけで、いろいろな病気の予防になります。

新しいがん治療

シニア

免疫療法は比較的最近の治療法となります。免疫療法他のがん治療と違って副作用のリスクもかなり減少します。免疫療法は自分の細胞を使用する治療方法となっているので、安心して治療を受けることができます。

詳しく読む

正しい治療が必要

ハートと看護師

平野区にある病院では糖尿病に対して適切な治療を受けることができます。糖尿病は合併症を起こすこともあるので気をつける必要があります。治療を受けることで普通と変わらない生活を送れます。

詳しく読む